« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

食で綴る、大船渡の正月

前回の「音」に続いて、今回は「食」で
実家の正月を振り返りたいと思います。

まずは餅。
実家には臼と杵があり、
毎年、年末に餅をつくのが恒例行事。
今回もくたびれながら、餅をついてきました。
言葉でうまく説明はできませんが、
こうして自分たちでついた餅は
店で買うものとはまた違いますね。
あんこ餅とくるみ餅にして食べましたが
おいしかったですよhappy01

01161

01162

大船渡といえば、魚の街。
おいしい魚料理の店もたくさんあります。
今回、家族で行ったのは、
国道45号線沿いにある「まんぼう亭」。
http://www.manbo.co.jp/manbo/
僕は海鮮丼を食べました。
下の写真、どうですか?
おいしそうでしょ?
大船渡にお立ち寄りの際はぜひ
魚料理を食べて行ってください!

01163

01164

| | コメント (9) | トラックバック (0)

音で綴る、大船渡の正月

ブログでは挨拶が遅くなりましたが、
みなさん、明けましておめでとうございます。
ただ予報を当てる、分かりやすく解説をするだけでなく、
視聴者の生活により密着した気象情報の提供に
今年は務めていこうと思っております。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、この年末年始は
岩手県大船渡市の実家に帰省してきました。
いろいろと紹介したい写真があるのですが、
新年一発目の今回はあえて
音にこだわっていきたいと思います。
まずはこちらをどうぞ。

港町ならではの年明けの様子。
年が変わるのと同時に、
港に係留されている船から
汽笛が鳴り響きます。
例年、数隻がこれに参加しますが、
不景気を象徴しているのか
今年は1隻だけで寂しく感じられました・・・。
続いてはこちら。

この獅子舞、大船渡地方では「権現様」と呼ばれ、
「権現様が来ないと正月じゃない!」と感じるほど、
正月には欠かせない存在。
一軒一軒回って、
無病息災や家内安全を祈ります。
僕の実家にももちろん来て踊っていったのですが、
カメラの準備をしていなくて
遠まきの映像になってしまいました(泣)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »