« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

熱戦!みちのくダービー

先日、宮城スタジアムで行われた
サッカーJ1・ベガルタ仙台対モンテディオ山形戦、
通称「みちのくダービー」を見に行ってきました。
山形で行われた第1戦は山形が3対1で勝ちましたが、
今回は仙台が梁選手の活躍でリベンジ!
降格争いから抜け出す意味でも、
非常に大きな勝ち点3を挙げました。
みちのくダービー史上最多となる
2万6391人の観客が詰めかけ、
スタジアムは普段の試合とは異なる異様な熱気に。
ですが正直、もっと多くの人たちに
この試合を生で見てもらいたかったです。
(せめて3万人以上は入ってほしかったな…)

ツアーバス63台で駆けつけたという山形サポのみなさん、
宮城までお越しいただきありがとうございました。
統率がよく取れ、声も出ていた応援は素晴らしいの一言です!
来年もぜひ、J1でみちのくダービーを戦いましょう!!

09221

09222

09223

09224

09225

09226

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伊達武将隊とコラボ!

番組で「教えて!マサく~ん!!」と
みなさんに叫んでもらっていますが、
今回は仙台で今、話題沸騰中の
伊達武将隊に出演をオファー!
快く引き受けてくださったので、
きのう、仙台城址まで撮影に行ってきました。
朝から雨の降る天気でしたが、
撮影の時間帯はピタリと止んでくもり空に。
青葉まつりや七夕の時に雨が多いように
政宗公は確か「雨男」だったはずですが、
「外で撮影したい!」という僕の願いの方が
それを上回ったようです(笑)
今月20日(月)と27日(月)の2回に分けてオンエア予定。
どんな風に叫んでもらったか、乞うご期待!!

09171

09172

09173

| | コメント (4) | トラックバック (0)

広瀬川の夏・2010

百万都市・仙台の真ん中をゆったりと流れる広瀬川。
大都市を流れているにも関わらず、
そこにはたくさんの自然が残されています。
今回は、記録的な暑さに見舞われた2010年夏の表情を
いろいろな角度から撮ってみました。

09121

澱橋より撮影。
青空と白い雲が川面に反射する。

09122

広瀬橋近くの郡山堰より撮影。
奥に見えるのは、8月にオープンした仙台トラストタワー。

09123

広瀬橋の下流側で撮影。
新幹線が走る高架橋の下、太公望たちが糸を垂らす。

09124

09125

澱橋に付けられた七夕飾り。
地元の人たちが中心になって、初めて飾られた。
新たな風物詩になっていくことだろう。

09126

09127

09128

仙台の夏の終わりを告げる「広瀬川灯ろう流し」。
3千個の灯ろうと千発の花火が川辺を彩った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

牡鹿半島の夕焼け

南三陸町にヒマワリを見に行ってきた帰り、
石巻市の桃浦漁協に立ち寄ってきました。
特にこれといった目的はなく
本当にふらっと寄っただけなのですが、
運よくきれいな夕焼けに遭遇!
宮城県沿岸の多くの漁港は東側を向いているため、
写真のように画面の奥が夕陽に染まることは
空全体が真っ赤に染まるような
よほど色鮮やかな夕焼けでない限り、ほとんどありません。
そうした意味で、西側を向いた牡鹿半島の港は
夕焼けや日の入りを撮ることのできるかなり貴重な場所です。
今回はあまり時間が取れなかったので、
今度はじっくりと行ってみたいものです。

シャッターを押していたら、
トビウオ(?)が勢いよく海中からジャンプ!
まるで、訪れた僕を歓迎しているかのようでした。
1枚目の写真の左下をよーくご覧ください。

09070

09071

09072

| | コメント (4) | トラックバック (0)

潮風に揺れるヒマワリ

9月としては記録的な暑さを記録したきのう、
休みを利用して南三陸町へ行ってきました。
目的は、海が見える高台に咲き揃う
泊浜地区(旧・歌津町)のヒマワリ。
ちょっと見ごろは過ぎていましたが、
それでもまだ楽しむには十分でした。
三本木に代表されるように、
ヒマワリというと内陸部に咲くイメージの花。
そのイメージを逆手にとった
住民のみなさんのアイディアは素晴らしいですね!
潮風に揺れるヒマワリは、
何ともいえない雰囲気を醸し出していましたよ。
聞くところによると、
例年は8月後半に見ごろを迎えるのですが、
今年は雨が少なかった影響で
例年よりも遅れたのだとか。
加えて、開花後の暑さで
花はすぐにしおれてしまっているのだそうです。
せっかくのヒマワリ、もっと長く楽しみたいものですが、
今年の暑さはとにかく異常過ぎます・・・。

09031

09032

09033

09034

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »