« 復興までの長い道のり | トップページ | 鹽竈桜が満開! »

みどりの日・新緑映える青葉通

世の中はゴールデンウィーク真っ只中ですが、
私と同じように、そんなの関係ないという方も
きっと多いことでしょう。
そんなみなさん、お疲れ様です!

きょう5月4日は「みどりの日」。
仙台市内でも日を増すごとに
木々の新緑が色鮮やかさを増してきました。
若葉が生い茂ってしまうと太陽光を遮ってしまうため、
その下はちょっと暗い感じになってしまいます。
そうしたこともあって、
新緑の美しさを感じるには
ちょうど今がベストな時期です。

きょうは定番の定禅寺通ではなく、
地下鉄東西線の工事が進む
青葉通のケヤキ並木を撮ってみました。
今回の東日本大震災で痛感した一つが、
今の街並みを写真という記録として残すこと。
当たり前のように広がっている光景が
一瞬で消えてしまうという現実を思い知らされた今、
これまで胸にあったその想いをより強くしました。
この青葉通も地下鉄工事の進展とともに、
その姿を大きく変えてきています。
ケヤキ並木の伐採から
青葉通で写真を撮り続けていますが、
今後も地下鉄東西線が完成するまで
ライフワークとして追い続けていきたいと思っています。

05041

05042

05043

05044

|

« 復興までの長い道のり | トップページ | 鹽竈桜が満開! »

コメント

はじめまして(^-^)

ふらふらとネットサーフィン中、

気持ちのいい新緑の写真に惹かれ、立ち寄ってしまいました

そして、なぜか『ほっ』とする日記に惹かれ、コメントしてしまいました(^-^)

また、遊びに来てもいいですか

新緑のその後を、教えて下さいね(^-^)

投稿: デジカメ初心者 | 2011年5月 5日 (木) 20:39

新緑が眩しくなる季節が到来しましたね。8年前、この時期に出産し、長い入院生活を終えて、病院の外に出た時、晴天の中の新緑の眩しさは、昨日の事のように思い出されます。その病院は、津波の被害が大きい、湊にあった、古い石巻日赤でした。


昨日、雄勝に行きました。位牌や遺影すらもなく、かろうじて、仏壇の花瓶が100m先で見つかったのみでした。海が、いつもより近く見えたのは、地殻変動のせいなのか、地盤沈下のせいなのか、建物がないせいなのか。墓石も、みんな斜めっていたり、倒れていたりでした。呆然として、涙も出ないくらいでした。

投稿: ほっそ | 2011年5月 6日 (金) 22:15

お久しぶりです。

4月10日に大船渡で会ったのも久しぶりだったけど。。。今は無事、ロンドンに戻ってます。

仙台は緑がきれいですな~~。学生時代に飲み明かして青葉通を歩いて帰ったころが懐かしい。

続編もよろしく!

投稿: たも | 2011年5月 8日 (日) 07:01

まさ君、こんにちは

こんな木立の中を、のんびり歩いてみたいですね〜(できれば誰かいい人と(苦笑))

私としては、杜の都仙台なので、街の中にもっと緑があっても良いくらいですね

ぜひとも、まさ君には変わりゆくこの仙台の様子を沢山におさめてほしいです。そして、私達にもぜひ披露してください

投稿: もりもり | 2011年5月 9日 (月) 14:03

仙台は新緑の季節・・・とホットできる写真でしたね。
大船渡は寒かったです。でも友人の元気な顔を見ることができ、心はあったかだったのですよ。       久留米に帰ってくるなり30℃の暑さで、またまたホットでした。
微妙に朝・夕と温度差があります。体調管理に気をつけて下さいな・・・。
では・・・また・・・。
 

投稿: とも平 | 2011年5月16日 (月) 13:47

>デジカメ初心者さん


はじめまして!コメントありがとうございます。
今ではすっかり、緑色が濃くなりましたよ。
また写真をアップするので、
これからもぜひお越しください


>ほっそさん


雄勝も甚大な被害ですもんね…。
心中、お察しします。
一日も早い復興を願っています。


>たも


仙台にいつでもおいで!
そして、大船渡でもゆっくり会おう!!


>もりもりさん


新緑の頃は、個人的には最も好きな季節です。
見ているだけで気分もリフレッシュできますしね。
あと1か月後には憂鬱な梅雨がやってきます


>とも平さん


久留米はもう30℃ですか!!それはそれは…。
仙台の梅雨は最高気温が10℃に届かない日もあり、
風邪をひいてしまうくらいです。
そちらは蒸し暑くなるでしょうから、
お互い、健康には気を付けましょうね!

投稿: 佐藤正則 | 2011年5月16日 (月) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みどりの日・新緑映える青葉通:

« 復興までの長い道のり | トップページ | 鹽竈桜が満開! »