« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

東京サクラ紀行⑤隅田川

東京サクラ紀行は今回が最終回。
最終回を飾るのは、
「春のうららの~note」でおなじみの隅田川です。
スカイツリーの開業に合わせて、
今後、ますます花見客が多くなりそう。
今度は屋形船の上からじっくり堪能してみたいです。

04231

04232

04233

04234

04235

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京サクラ紀行④東京スカイツリー

今月18日、仙台でようやくサクラが開花cherryblossom
平年より1週間も遅く、
平成に入ってからでは最も遅い開花となりました。

東京サクラ紀行は今回を含めてあと2回。
宮城のサクラもアップしたいので、さっさと行きましょうcoldsweats01
4回目は今、話題のスポット・東京スカイツリー。
開業は来月22日ですが、外観はもう完成していますので、
外から撮る分には何の支障もありません。
いろいろな角度から、サクラとのコラボを撮ってみましたcamera

04221

04222

04223

04224

04225

04226

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京サクラ紀行③上野公園

大勢の花見客が訪れ、
テレビにも大々的に取り上げられた上野公園。
7日と8日の2日間だけで50万人もの人たちが訪れ、
満開のサクラを楽しみました。

04161

04162

04163

04164

04165

04166

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京サクラ紀行②千鳥ヶ淵

2回目のきょうは、皇居の西側に位置する千鳥ヶ淵です。
ボートを漕ぎながらサクラを楽しむことができますが、
この日はなんと2時間待ちの大行列sign01
でも、サクラの状態も天気も最高でしたし、
それだけ並ぶ価値はあったのではないでしょうか?
サクラとボート、それに高層ビルと
アンバランスな部分も魅力的なスポットです。

04131_2

04132

04133

04134

04135

| | コメント (3) | トラックバック (1)

東京サクラ紀行①靖国神社

東京で撮影してきたサクラを順に紹介していきます。
まずは、約600本のサクラが境内を彩る靖国神社。
東京駅から程近い場所にあり、
ふらっと立ち寄りやすいスポットの一つ。
靖国神社のサクラといえば、
東京管区気象台のソメイヨシノの標本木が
あることでも知られています。
仙台管区気象台の標本木は
宮城野区五輪にある気象台の敷地内にありますが、
敷地の問題などもあって
東京のように近くの名所にある場合も珍しくありません。
今年の東京の開花日は平年より5日遅い先月31日、
満開日は平年より3日遅い今月6日で、
訪れたこの日はまさに満開の状態でした。

04111

04112

04113

04114
標本木の前には人だかりが

04115

04116
標本木はまさに満開でした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

満開!東京のサクラ

休みを利用して、きのう今日と東京へ行ってきました。
目的は見ごろを迎えているサクラcherryblossomの撮影。
天気に恵まれたこともありsun
どのスポットへ行っても人・人・人。
上野公園の週末の人出は
予想を大きく上回る50万人sign01で、
過去最高を記録したそうです。
去年は東日本大震災による自粛ムードがあっただけに、
この春は一気に弾けたようですね。
平日の今日も、すごい人の数でしたwobbly
サクラ前線は現在、北関東を北上中。
早ければ今週末にも、宮城県に入るのではないでしょうか?

04091
千鳥ヶ淵

04092
上野公園

04093
錦糸公園

| | コメント (5) | トラックバック (0)

球春到来!でも、楽天はまだ冬?

プロ野球が開幕sign01
僕の大好きな季節がやってきました。
楽天は創設8年目にして初となる
地元・仙台での開幕戦。
開幕戦の金曜日は会社で仕事だったため
球場に行けませんでしたが、
土曜日は「TBC開局60周年デー」の仕事でKスタへ。
特番に出演した後、トータルテンボスのお二方や
ワッキー貝山さんたちと試合を観戦しました。
そして日曜日は、プライベートで観戦。
楽しむことは楽しめましたが、
やっぱり、楽天が勝たないことには…sad
楽天の春cherryblossomはいつ訪れるのでしょうか?
明日からの3連戦は
TBCテレビが3試合とも中継を行いますので、
球場へ行けない方はぜひ、テレビで応援してくださいbaseball

04021

04022

04023

04024

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »