« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

東北新幹線 開業30周年

東北新幹線が大宮-盛岡駅間で開業してから
今年でちょうど30周年。
今月23日には各駅でイベントが行われ、
開業当時に走っていた
クリーム色に緑色のラインが入った200系新幹線「やまびこ」が
特別臨時列車として運行されました。
僕も”撮り鉄”に行ってきましたが、懐かしい車体でしたね。
東北新幹線で思い出深いのは、中学校の中学旅行。
乗り遅れないようにと、
旅行前に体育館で乗り降りの練習をした記憶があります。

去年3月の東日本大震災では
橋脚や線路などが大きな被害を受けましたが、
見事に復活を果たしました。
僕と東北新幹線は同世代。
まだまだこれから、がんばっていってもらいたいと思います。

06281

06282

06283

06284

06285

06286

06287

| | コメント (4) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間

きょう、沖縄地方の梅雨明けが発表sign03
いよいよ夏がやって来ました。
梅雨真っ只中の宮城も、きょうは高気圧に覆われた分、
梅雨の晴れ間sunが広がりました。
そんな青空を見て、仙台市内の景色を撮ろうと思い立ち
AERの31F・展望テラスへ。
久々に訪れましたが、いい所ですねhappy01
景色が素晴らしいのはもちろん、
何と言ったってタダで入れるんですから。
東西南北、じっくりと風景を見てきました。

06241

06242

06243

06244

東側を見てハッとさせられました。
遠くに、津波に流された防潮林がはっきりと見えたのです。
思い返せば、大きな被害を受けた若林区荒浜に行った時、
仙台市中心部のビル群が何事もなく立ち並ぶ姿が
そこからははっきりと見えていました。
決して、震災のことを忘れていたわけではありませんが、
何か重い現実にふと戻された、そんな一日でした。

06245

| | コメント (4) | トラックバック (0)

D51 岩手を疾走!

梅雨らしい梅雨rainとなっている今年、
先日は台風4号typhoonの影響で、大雨となりました。
あと1か月程はまだ梅雨が続く上、
ヤマセの影響で低温となる日もありそうですので、
みなさん、どうぞお身体には気を付けてsign01

さて、きょうの記事はSLです。
力強い走りで東日本大震災の被災地を支援しようと、
「デゴイチ」の愛称で親しまれるD51が
先日まで岩手県内を走りました。
遠くまで響き渡る汽笛は、
まさに復興の”のろし”ですね。

06221

06222

06223

06224

06225_2

06226

06227

| | コメント (5) | トラックバック (0)

全国からの支援に感謝!復活・笹崎鹿踊り

地元・大船渡市の笹崎地区に伝わる民俗芸能「笹崎鹿踊り」。
僕が中学時代に踊り、弟は現役で踊っているのですが、
去年の大津波で装束や道具類が全て流出。
活動休止状態となっていました。
しかし、全国各地からの温かい支援のもと、
1年3か月ぶりに復活sign01
お世話になったお礼をしようと、
おととい、きのうと大阪や神戸で公演をしてきました。

○各ニュースサイトの記事
 朝日新聞
  『東北の「鹿踊」、感謝の舞 道具贈られた神戸で復活公演
 毎日新聞
  『岩手の鹿踊:阪神大震災の被災地で舞う
 産経新聞
  『‎岩手・大船渡の鹿踊が復活 大阪・民博で保存会が公演

装束を新しく作るに当たって最も苦労したのが、
鹿踊りには欠かせない鹿の角の入手。
鹿踊りに適した角は千頭に数頭しかないと言われ、
岩手県内のみならず、関西や長野県などからも贈られました。
もともとは黒っぽい鹿の角ですが、
削って加工すると、まるでプラスチックのような
真っ白い状態になります↓

06111

06112

06113

06114

06115

06116

岩手から宮城の各地に伝わる鹿踊りですが、
笹崎鹿踊りの特徴はダイナミックで躍動感あふれる踊り。
約10キロの装束を身にまといながら激しく動き、
太鼓を叩き、そして唄を歌うわけですから、
相当な体力を必要とします。
とてもじゃありませんが、僕にはもう踊れませんbearing
いつか、みなさんのお近くでも
お目にかかる機会があるかもしれませんので、
その際はぜひご覧になってみて下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

絶景!徳仙丈山のツツジ

先日、気仙沼市の徳仙丈山へ行ってきました。
標高711メートルとそれほど高い山ではありませんが、
東京ドーム10個分ほどの広さに
50万本ものツツジが咲き乱れる、
全国屈指のツツジの名所として知られます。
それと同じくらい素晴らしいのが
太平洋を見渡せる眺望ですが、
この日は霧がかかってしまい楽しむことができませんでしたweep
でも、ツツジだけでも十分すぎる程、
美しい風景が広がっていましたよsign01

06091

06092

06093

06096

06094

06095

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仙台・青葉まつり~本まつり編②~

青葉まつりの一番の目玉「時代絵巻巡行」。
仙台の大動脈・東二番丁通りから
新緑まぶしい定禅寺通りで展開される時代絵巻は、
まさに圧巻sign03の一言です。
この主役である山鉾は11基ありますが、
うち、8基が去年の東日本大震災による激しい揺れで損傷。
修復されて震災前以上の輝きを見せた山鉾が、
2年ぶりにその雄姿を見せてくれました。
来年もまた、好天に恵まれますようにsun

06041

06042

06043

06044

06045

06046

06047

06048

06049

060410

060411

060412

060413

060414

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙台・青葉まつり~本まつり編①~

本まつりで行われた武者行列。
今年は新たに、支倉常長遣欧使節団や
山形県米沢市の上杉隊が加わりパワーアップupしました。
参加者には凛々しい男性だけでなく、女性の姿も目立ち、
沿道からも大きな歓声があがっていましたよ。
この行列に続いた青葉神社の神輿は、
去年の震災時、補修のため新潟にありました。
震災に遭わずに済み、きらびやかさshineをより増した神輿。
初夏の日差しを浴びて、キラキラと光っていました。

06031

06032


06033

06034

06035

06036

06037

06038

06039

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »